フィナステリドは発毛効果のある成分です。有名なお薬としてプロペシアに含まれています。しかし、フィナステリドは男性だけに効果のある薬となっていますので女性は使用することはできません。では何故、女性が使用できないのかをご紹介していきます。

女性がフィナステリドを使えない理由

フィナステリドは男性型脱毛症、AGAの治療に際して使用されることの多い成分です。元々は医療現場で使用されおり、男性ホルモンとそれに影響を及ぼす特定酵素に働きかける作用があるとされています。AGAは、男性ホルモンが受容体に結合することで発症します。そこで特定酵素が分泌されると、男性ホルモンは発毛や育毛を阻害する物質に変換されてしまうため、薄毛や脱毛が出てくると言うわけです。ですからフィナステリドを服用すると、こうしたメカニズムの発症を防ぐことが期待できるとされています。さて、AGAは女性にもあるとされており、女性の場合には、英語で女性を示す単語、FemalのFをとってFAGAと表現されることもあります。ただしだからと言って女性がフィナステリドを使用するのは厳禁です。女性の体内には、女性ホルモンだけではなく僅かながら男性ホルモンも分泌されています。そしてこれは、女性ホルモンの分泌量バランスを整えていたり、女性の体に対してとても大きな役割を果たしています。そのため女性がフィナステリドを使用すると、もともと少ない男性ホルモンが更に少なくなってしまい、その結果、健康や美容面において大きな影響が出てくることも考えられます。それから特に妊娠を目指している女性や、現に妊娠をしている女性は、フィナステリド配合の助剤の割れた欠片に触れることすら厳禁だとされています。これは女性の体に対しては勿論のこと、胎児に対しても影響が大きいためです。もし胎児が男児であった場合、母親の皮膚が触れてしまったフィナステリドの成分によって、その性器形成に影響が及ぶ可能性もあるとされています。このような理由があるため、女性がフィナステリドを使うことはできない、そして特に妊娠に関係している女性は、それに触れることすらできないとされているのです。

■フィナステリド配合のAGA治療薬です
薄毛に悩むならプロペシア