フィナステリドは発毛効果のある成分です。有名なお薬としてプロペシアに含まれています。しかし、フィナステリドは男性だけに効果のある薬となっていますので女性は使用することはできません。では何故、女性が使用できないのかをご紹介していきます。

フィナステリドが一番効く訳

男性の薄毛や脱毛に効果があるとされている成分には、ミノキシジルを挙げることができます。
これはもともとは医療現場で使用されていた成分で、血管を拡張し血流を促進させる効果があります。
頭皮に血行不良が発生していると、毛母細胞に栄養が届きにくくなります。すると毛母細胞の分裂が不活性化してしまうため発毛や育毛が起こりにくくなり、頭髪トラブルが起こりやすくなってしまいます。
そこにミノキシジルを利用すれば、血行不良を改善できるために毛母細胞に栄養を届けることができ、頭髪トラブルの解消が期待できると言うわけです。
ただし男性の薄毛、脱毛が発生する原因は、血行不良だけとは限りません。
たとえばAGAと呼ばれる症状の場合には、血行不良が関係していないことも非常に多いです。
この場合、その原因となっているのは男性ホルモンと、それを発毛阻害物質に変換してしまう特定酵素の存在です。
ですからミノキシジルで血管を拡張させても、症状の改善につながらないことも多いのです。
ではこの場合に有効な成分は何なのかと言うと、その答えがフィナステリドとなります。
フィナステリドも、やはりミノキシジルと同様、もともとは医療現場で使用されていた成分です。
こちらは前立腺疾患の治療において使用されていた成分であり、作用としては男性ホルモンと特定酵素に働きかけるものを持っています。
ですから男性の薄毛や脱毛が、血行不良ではなく男性ホルモンと特定酵素を原因としている場合には、フィナステリドが一番効くと言うわけです。
ただ、脱毛や薄毛の原因を自分で特定すると言うのはなかなか難しいことです。
よりしっかりとした、効果の高い治療を行いたいのであれば、原因を特定するのは重要なことですから、気になる症状が出てきた場合には、速やかに専門医に相談することが求められます。