フィナステリドは発毛効果のある成分です。有名なお薬としてプロペシアに含まれています。しかし、フィナステリドは男性だけに効果のある薬となっていますので女性は使用することはできません。では何故、女性が使用できないのかをご紹介していきます。

ポニーテールでの薄毛にフィナステリドの増毛は可能?

ポニーテールをすることで生え際が薄くなる症状のことを、牽引性脱毛症と言います。しっかりとした名称があることに驚きですが、このような症状がありますので、よくポニーテールをする方は気を付けなければいけません。予防策としては、あまり強く髪を引っ張らないことが大切です。また医薬品によって抜け毛を止めたり、増毛を期待することもできます。飲む医薬品、または増毛薬として人気を集めているフィナステリド錠があります。しかしフィナステリドの服用は注意しなければならないことがあります。

ポニーテールをする人が多いのは女性です。そして女性にはこのフィナステリド成分の医薬品を服用することはできません。仮に服用するようなことがあると、妊娠中であれば胎児の生殖器に異常が起きる可能性があります。また女性は触れることさえ禁止されていますので、扱い方にも注意が必要です。よってこの飲む医薬品、または増毛薬は男性にしか服用できないものになることがわかるでしょう。

男性には高い効果があることが実証されています。このフィナステリドには、薄毛の原因となる男性ホルモンの産生を防ぐ効果があります。AGA男性型脱毛症の原因が脱毛原因となる男性ホルモンの影響を受けることから始まりますので、高い効果を期待することが可能です。

また男性の方でポニーテールにしている人もいるかもしれません。男性がしていけない髪型ではありませんのでそれは自由です。ただしポニーテールによる牽引性脱毛症による生え際の薄毛に対して、フィナステリドが効果があるかというと、それは疑問符が付きます。まず男性ホルモンによる影響で薄毛になっているわけではありませんので、効果はあまり期待できないでしょう。