フィナステリドは発毛効果のある成分です。有名なお薬としてプロペシアに含まれています。しかし、フィナステリドは男性だけに効果のある薬となっていますので女性は使用することはできません。では何故、女性が使用できないのかをご紹介していきます。

確実に脱毛を減らすフィナステリドと他の発毛剤の違い

脱毛に悩む人に向けてさまざまな発毛剤・育毛剤が発売されています。それぞれ工夫をこらし、独自の成分を添加することによって違いをアピールしています。しかし、公的な機関で科学的に検証され効果が確認されている発毛剤は実は多くありません。ここで発毛効果が広く認められているものをご紹介します。
アメリカ食品医療薬局(FDA)や日本皮膚科学会が発毛効果を認めたものは2つあります。それはフィナステリドとミノキシジルです。
ミノキシジルは全身の血管を拡張する効果があり、その血管拡張効果によって頭皮への栄養供給を増やすことができます。この作用により非常に多くの方がミノキシジルによって脱毛を克服しています。しかしミノキシジルには副作用が存在します。血管を拡張することによって心臓や血管に負担をかけてしまうため、心臓に持病がある方は使用することができません。
フィナステリドはミノキシジルの使用が難しい方にオススメです。フィナステリドはジヒドロテストステロン(DHT)といわれる男性ホルモンの生成を抑える働きがあります。DHTは頭皮に過剰な皮脂を分泌させてしまうので、この機能を抑えることによって発毛を促進させます。フィナステリドは重い副作用は無いとされていることから、ミノキシジルと違い飲む人をあまり選ばないことも特徴です。ただし、肝臓に若干の負荷がかかるため、肝機能に不安のある人は服用を控えたほうがいいでしょう。
脱毛でお悩みの方は、確かな効果が確認されているフィナステリドをぜひとも試してみてください。きっと他の発毛剤との違いを感じることができるでしょう。プロペシアなどはフィナステリドを含有する発毛剤として人気で入手も容易です。