フィナステリドは発毛効果のある成分です。有名なお薬としてプロペシアに含まれています。しかし、フィナステリドは男性だけに効果のある薬となっていますので女性は使用することはできません。では何故、女性が使用できないのかをご紹介していきます。

薄髪対策には耐熱性製品かフィナステリドを

薄髪の対象法として2つあります。製品を使って誤魔化す方法か、AGA治療を真面目に取り組む方法になります。製品を使って誤魔化す方法にもいくつかありますが、そのなかでもカツラやウイッグが魅力的です。短時間で薄髪が改善されることになるでしょう。そのカツラやウイッグを探すときには、製品の品質に気を付けなければなりません。できれば耐熱性の製品を選びましょう。

非耐熱性の製品は、いかにも人工毛のような見た目になり、テカテカしています。一方耐熱性の製品は、自然な仕上がりになりますので、できればそのような製品を購入するようにしてください。よく取扱い方を学んで、すぐに取れてバレてしまわないように、対策をしっかりと練っておきましょう。

もうひとつ薄髪対策として、AGA治療があります。フィナステリドやミノキシジルを使って治療方法になります、従来までの薄髪対策製品は、なんとなく効果があるものでしたが、フィナステリドやミノキシジルは医学的にも効果があると認められています。しっかりと対策に励めば、改善する余地がありますので、治療をする価値があると言えるでしょう。

フィナステリドは飲む育毛剤と言われており、1日1回の服用が必要になります。いろんな医薬品と比較すると、決められた用法もありませんので、好きな方法で飲むことが可能です。ただし飲み続けなければならない医薬品ですので、飲み忘れない工夫が必要になります。そして効果が出るまで長い時間が掛かるのも、このAGA治療の特徴です。最低でも3か月、半年は経過を見ることが大切です。気長に続ける治療になりますので、根気も必要になります。諦めないように治療を続ける意気込みが求められるでしょう。